安心して乗るためにも消耗パーツの交換は大事

様々な種類のあるハーレー

現在ハーレーを所有している方で、購入してから長いこと乗っている方もたくさんいるでしょう。ハーレーに長く乗っていると、タイヤやヘッドライト、プラグといった消耗パーツにダメージが加わってきます。よって、安心してハーレーに乗るためにも、定期的に消耗パーツを交換する必要があります。

はじめに、交換する機会が特に多いのがタイヤです。タイヤの寿命はハーレーの保管状況や運転する頻度により異なりますが、タイヤの溝をチェックすれば交換の時期かどうかを確認できます。もし、スリップサインが現れているならば、できるだけ早く交換することが大事です。他にも、タイヤの色が変わっていたりヒビが入っていたりなどの場合も、早めの交換を意識しましょう。

個性的なハーレー

ヘッドライトはとくに交換時期の目安はありませんが、ライトのつきが悪く感じた場合には交換する必要があります。今現在では、寿命が長いことからもLEDのヘッドライトが人気があり、交換の際にはLEDのものに切り替える方もたくさんいます。LEDヘッドライトには、反射板を使うリフレクタータイプと直接投光するプロジェクタータイプの二つがあるので、どちらか一方を選ぶことになるでしょう。

また、プラグも消耗パーツの一つで、サイズは小さいですがエンジンを動かすための重要なアイテムです。ハーレーでは純正指定プラグを使うことを勧めていますが、様々なメーカーから互換性のあるプラグも出ているので、交換時には互換性プラグに切り替えるのも一つの方法です。

純正パーツはもちろんのこと、各メーカーからリリースされている社外パーツを含めると数えきれないほどのパーツがハーレーにはあります。デザインをアップさせる装飾パーツだけではなく、必ず必要となるオイルやブレーキパッドのような消耗パーツも複数あるので覚えきれないでしょう。

パーツの他にも、インチサイズの工具やヘルメットやジャケットなどのアパレル用品もあります。カタログは大変分厚く、日本人にはわかりづらいです。

下記のサイトはパーツの種類がわかりやすいので、参考にするといいでしょう。

ハーレーカスタムパーツ通販店 アンバーピース

ハーレーのかっこいい車種

ハーレーのスタイル

ハーレーのかっこいい車種は大きく2種類に分類されます。アメリカンスタイルと呼ばれるクルーザータイプとスポーツタイプです。一般的なハーレーのイメージはクルーザー型ですが、スポーツタイプも人気があります。同社のバイクのエンジンには空冷2気筒OHVエンジンを搭載しているのが一般的です。中には水冷DOHCを搭載したモデルもあります。いずれも排気量が700cc以上と大きく、2気筒が45度の角度に配置されています。気筒数が少なく排気量が大きいためトルクと加速力が優れているのが特徴です。乗車姿勢はクルーザータイプがゆったりと座る感じなのに対してスポーツタイプはやや前傾姿勢となっています。アメリカはダートレースが盛んな国です。スポーツタイプはダートレースで勝利することを目的として開発されました。

一般的にツインカムはDOHCのことを指します。DOHCはダブルオーバーヘッドカムシャフトの略称です。2本のカムシャフトが吸気バルブと排気バルブを制御します。一方同社にはOHVが搭載されています。OHVはエンジン上部にバルブがあり1本のカムシャフトでバルブを動かすのが通常です。しかしハーレーはOHVを独自に進化させました。クルーザータイプに搭載された2本のカムシャフトを持つOHVを同社ではツインカムと呼びます。さらにスポーツタイプには4本のカムシャフトが採用されています。いずれのタイプも各気筒が45度に配置されたVツインエンジンを搭載している点では同じです。同社のバイクを購入する場合には、スタイルや性能の違いを考慮して自分がかっこいい車種だと思う方を選ぶことになります。

特徴のあるハーレー